パーテーション分割のすすめ!

分割のメリットはデータのバックアップやPCの動作性の改善

パソコンを使うにあたってバックアップやその動作性の快適さを求める人は初心者であっても感じているところでしょう。
そのため、この行為はぜひとも初めからやっておくべきなのです。
なお、具体的には今回は500GBの「HDD」を「Cドライブ」と「Dドライブ」への分割を今回は行いました。
構造としては「C」には「OS」のみをインストールしそのほかのすべてのデータの保存やアプリケーションのインストールを「Dドライブ」に行うということをしました。
ただ、これだけだと何がメリットなのかぴんと来ないという方も多いかもしれません。
このような分割を行うことのメリットは、パソコンの動作がおかしくなり万が一「OS」の再インストールが必要になった場合にも「Dドライブ」側に保存したデータは無事で済みます。
もしもこの分割を行わずすべてのデータを「Cドライブ」に入れてしまっていたらリカバリーの過程ですべてのデータはいったん削除してしまうのでそれらを取り出せることは二度となくなってしまうのです。
また、「アプリケーション」のキャッシュを「Cドライブ」以外に設定することは動作の快適さにつながる点も今回の分割を行ってみた大きな収穫でした。
急にそういわれてもあまりピンと来ないかもしれませんが「アプリケーションソフト」には使用中にキャッシュと呼ばれる作業用の一時ファイルを作りこの保存場所にあたるキャッシュに頻繁にアクセスを行うことで最適なパフォーマンスを行うことができる仕組みを採用しています。

パソコンのパーテーション分割するメリット | 分割のメリットはデータのバックアップやPCの動作性の改善 | アプリケーションのキャッシュをCドライブ以外に設定するメリット | パーテーションで模様替え