パーテーション分割のすすめ!

パソコンのパーテーション分割するメリット

パソコンのパーテーション分割するメリット | 分割のメリットはデータのバックアップやPCの動作性の改善 | アプリケーションのキャッシュをCドライブ以外に設定するメリット | パーテーションで模様替え

パソコン初心者であった自分はこれまで「パーテーション分割」を一切していない状態で使用していした。
多少はしなければならないという認識はあったのですが基本的に「Cドライブ」ばかりをしようしていてたんまりある「Dドライブ」を空っぽにしてしまっていました。
そこでそもそもの基礎からその必要性や「パーテーション分割」をするメリットを調べてみました。
そもそも「パーテーション分割」というのは1つの「HDD(ハードディスク)」あるいは「SSD」を複数に分割する行為を指し示す言葉です。
なお、「HDD」はデータを長期保存しておく入れ物的存在なのでその中身を仕分けしておくことがデータの整理整頓を意味することなります。

ニトリの突っ張り棚とパーテーションがベビーゲートの代わりに使える優秀商品! https://t.co/jjNR1ADNTi

— SaYang @子育て&旅行ブロガー (@watashinote0421) 2018年5月26日
つまり、「パーテーション」という言葉から想像できる通りタンスや本棚同様整理しやすい状態に仕切り版を設けて「HDD」や「SSD」をCやDにドライブを分割しその仕切った1つ1つのことを「パーテーション」と呼ぶのです。
しかしその存在を設けることは少しタンスや本棚に仕切り板を設けることと意味が違います。
その点を理解しないと何をしているのかよくわからなくなってしまうので注意が必要なポイントと言えます。
具体的にはこの分割をする最大のメリットは、そこに保管してあるデータのバックアップやパソコンの動作性の改善にあります。